世界の街道をゆくナレーターは坂東巳之助!妻は水越彩で子供は?歌舞伎ナルトワンピース出演!!

Pocket

スポンサーリンク

舞台の上だけでなく、ドラマや映画にも活躍の幅を広げているのが歌舞伎役者さん。

世界の街道をゆくのナレーターを担当しているのも歌舞伎役者さんらしいのです。

その方の名前は『坂東巳之助』さん。どんな方なのか調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

世界の街道をゆくナレーター坂東巳之助は誰?

透明感がある声で、世界の人々の暮らしを伝えてくれる世界の街道をゆくのナレーション。

とっても聴きやすくて自然に番組に引き込んでくれます。

その声の持ち主は『坂東巳之助』さんという歌舞伎役者の方です。

プロフィールから見ていきましょう!

歌舞伎役者・坂東巳之助のプロフィールや経歴!

屋号 大和屋

定紋 三つ大 <みつだい>

替紋 花かつみ <はなかつみ>

生年月日 平成元(1989)年9月16日

出身地 東京都

趣味 ドラム・ギター

引用:公式プロフィール

スポンサーリンク

ちょっと、何いってるかわからないプロフィールですよね、、、(笑)

歌舞伎の方のHP初めて見ましたが、やはりそれぞれの業界によって公開しているのも変わってくるのが本当に面白いです。

巳之助さんは、五代目坂東八十助さん(十代目坂東三津五郎)と、元宝塚歌劇団雪組&花組男役寿ひずるさんとの間の長男として生まれました。

歌舞伎一家の長男として生まれ、壇上には立っていたものの、父親の稽古の厳しさや、音楽の楽しさを知り、一時は歌舞伎界から退こうと考えていたこともあったそう。

学生時代にはバンドを組み、アマチュアで活動するほどのめり込んでいました。

そんなさまざまな葛藤を乗り越え、巳之助さんを一躍有名にしたのが、大人気漫画『ワンピース』を舞台化させた『スーパー歌舞伎 ワンピース』です。

歌舞伎の魅力をもっと若い世代に知ってほしいという思いで、漫画を歌舞伎に取り入れた

歌舞伎界きっての挑戦。市川猿之助さんが主演をつとめ、歌舞伎ファンだけでなく、世間が驚いた出来事でした。

巳之助さんはこの舞台でなんと一人4役を演じました。

これをきっかけに巳之助さんの人気は急上昇。

たくさんの若い世代のファンを獲得していました。

この他にも、「原作に忠実に演じてくれている」という声も多数上がっており、演技から誠実さを受け取れる方でとても素敵だなあと思いました。

余談ですが、歌舞伎俳優の方を見るとみんな同じ顔に見えてしまう筆者ですが、これは歌舞伎界に精通するDNAなのですかね?(笑)筆者の中の七不思議です。

坂東巳之助の妻は水越彩!子供は?

2017年8月に婚約を発表していた巳之助さん。歌舞伎俳優さんとアナウンサーなど、芸能の世界で活躍されるもの同士で結婚される方を多くお見かけしますが、巳之助さんはどうなのか気になり調べてみました。

調べていくと、出会いは、友人を通じての紹介だったよう。

お相手の年齢は3つ上で神奈川県出身。

、、、なるほどなるほど。ここまででは一般女性を思わせるプロフィールですよね。

ただ、お二人の結婚式にサンリオピューロランドのキャラクターキティちゃんとダニエルが登場したらしいのです!

何故なのか?ここにお相手の真相がありました。

お相手はサンリオピューロランドでダンサーをつとめていらっしゃった水越彩さんという方だったのです。活動期間はそれほど長くはありませんでしたが、かわいい容姿とダイナミックなダンスで固定のファンもかなりいたようで、インスタグラムで水越彩さんの写真を検索してみると800件ヒットしました。

スポンサーリンク

きになるお顔はこちら!

スポンサーリンク

とても可愛らしい方ですよね!何処と無く声優の平野綾さんっぽい雰囲気があります。

美男美女のご夫婦なのできっと子供がいれば、かわいいだろうなあと思い調べてみました。

巳之助さんのご自身のブログにて、2018年9月20日に第一子となる男の子が誕生したことを発表していました。

名前やお顔などは公開されていませんでしたが、早ければ来年再来年あたりにでも、壇上にてお披露目も期待できそうです!

坂東巳之助の魅力は歌舞伎ナルトとワンピースで!

プロフィール箇所でもご紹介したように、若い世代に歌舞伎の魅力を発信するため、漫画の有名作品と歌舞伎を融合させる取り組みの『スーパー歌舞伎』。

その中でも好評を集めていた作品が『ワンピース』『ナルト』でした。

若い世代には言わずと知れた人気漫画ですよね。

しかし、「歌舞伎と漫画のコラボってどうなの、、、?」と筆者は少々偏見を持っていました。

ひとまず映像を見てみましょう。

思ってた以上にかっこよくないですか????

スポンサーリンク

歌舞伎のイメージの独特な喋り方がなく、すんなり入ってくる。

そして歌舞伎役者ならではの所作の綺麗さ、これは見入ってしまうに違いないなあと感じました。

ただ舞台に足を運ぶのは、歌舞伎初心者にしては敷居が高いですよね。

そんな思いを汲み取るかのように、ワンピースの公演がスクリーンで公開されることが決定していたのです。

念のために言っておきますが、筆者は回し者でも関係者でもありません。

ただ、このマーケティング力にあっぱれと思い宣伝してしまいました(笑)

身近な漫画という入り口から、日本の伝統文化の歌舞伎に触れられるという手軽さが現代にはぴったりあっているのかもしれませんね!

この舞台・映画から巳之助さんの魅力に魅了されてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク