ジョーンズ怜音(テニス)はハーフ?父親母親姉や家族、身長のことも調査!

Pocket

スポンサーリンク

10月5日に放送されたTBS系『炎の体育会TV』。この番組に出演されてから世間の注目をより集めた方がいます。

その方の名前は『ジョーンズ怜音(レノン)』さん。どんな方なのか、なぜ注目されているのか?調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジョーンズ怜音(テニス)の経歴!出身地やwikiプロフィールは?

引用:https://tennis.jp/news/archives/50298

ジョーンズ怜音とは現在14歳のテニスプレイヤーです。

なぜ、このジョーンズくんに注目が集まっているのかというと語らずとも皆さんご存知の松岡修造さんが『錦織圭以来の才能』だとテレビで称賛したからなんですね。

筆者はテニスのことはほとんど存じ上げませんが、おそらくこれってすごいことですよね!すごさのレベルがいまいち分かりませんが、音楽界に米津玄師やあいみょんが出てきた時くらいの衝撃でしょうか?誰かお教えください、、、。(笑)

ジョーンズくんの経歴を辿っていきましょう。

テニスをはじめたきっかけはお姉さんがテニスをしていたからだそう。

はじめた頃は岐阜県や三重県で練習をする普通の少年だったんですね。

コツコツと日々練習を行い、昨年の『全日本ジュニア』と『全国小学生大会』の両方の大会にてベスト16進出を果たしたのです、、、!

素晴らしい!書いていて鳥肌が立ってしまいました(笑)

ただジョーンズくんの凄さはこれだけじゃないんです。

松岡修造さんとの出会いは、なんとプライベート。テニスコートで練習をしていた時に偶然松岡修造さんも訪れたのだそう。

その場でジョーンズくんの才能に気づいた松岡さんはプライベートにも関わらず、30分にもわたって指導したといいます。

スポンサーリンク

漫画のようなシンデレラストーリーですよね(笑)

フィクションのようなノンフィクションで少しジョーンズくんに妬いてしまいます(笑)

そこからもメキメキと才能を開花させ

  • 全国優勝合計5回!
  • 12歳で世界タイトル獲得!
  • ヨーロッパNo.1を決める大会で日本人2人目の王者に!

もうお腹いっぱいー!!!!(笑)

修造さんの見抜く力にも感服です、、、。

現在は世界名門アカデミーの特待生として世界1を目指しているのだとか!!

スポンサーリンク

これだけの実力があるジョーンズくんならきっと夢では終わりませんね!

ジョーンズ怜音はハーフ?

ジョーンズ怜音“すごく綺麗でかっこいいお名前ですよね。

もしや芸名では、、、?と思い調べて見ましたが本名でした。

お父様がアメリカ人、お母様が日本人だったのです!

ということはハーフで間違いないですね!!

羨ましすぎる!これだけ可愛らしいお顔立ちなのも納得です。

ジョーンズ怜音の父親と母親はどんな人?

父親はアメリカ人、母親は日本人だということが判明したジョーンズくん。

もしやお父様かお母様は有名なテニスプレイヤーでは?!と思い調べてみました。

しかしそういった情報は一切出ず、驚きの事実が判明したのです。

  • 母親は、つい最近までテニスのルールさえ知らなかった
  • 父親も遊びで一緒にテニスをしていただけ。一度も指導したことはない

なにごと、、、?

才能でしかないですね、、、。

筆者にもなにか開花していない才能があるのでは?!と希望を持ってしまいました(笑)

ジョーンズ怜音の家族(姉)は?

お姉さんの影響でテニスをはじめたというジョーンズくん。

ということはお姉さんこそテニスプレイヤーでは?と思い調べてみました。

お名前は、ジョーンズ樹里愛さん。

2017年のU15全国選抜ジュニアテニス選手権大会の東海予選に出場されていましたが、残念ながら1回戦落ち。ただここまで進むのも、かなりのポテンシャルがなければ難しいですよね。

実際に賞状を持った写真がたくさん出てきましたので強いことには間違いなさそうです!

ジョーンズ怜音の身長は?

まだあどけなさが残るジョーンズくんですが身長は何センチなのでしょうか?

写真を見る限りまだ140センチ代かなあと感じます。

スポンサーリンク

引用:https://tennis.jp/news/archives/50298

確証は出てきませんでしたが、ハーフなのでまだまだ身体つきも大きくなること間違いないでしょう!

10月20日放送の『ゲットスポーツ』にも出演が決まっているジョーンズくんですので!みなさん今後も要チェックです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク