雨蘭咲木子(火曜サプライズナレーター)の顔や年齢本名は?代表作は不快なもの?

Pocket

スポンサーリンク

ヒロミさんがMCを務める人気番組『火曜サプライズ』。

番組中に流れるグルメ情報や旅の説明をするナレーションがどこかで聞いたことのある声で気になる、、、。調べてみると『雨蘭咲木子』さんという方でした。

雨蘭咲木子さんの経歴や、担当されているナレーションを調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

雨蘭咲木子のプロフィールから経歴!火曜サプライズのナレーションを担当!

雨蘭咲木子さんはテアトルエコー所属の声優さんです。

引用:公式HP

生年月日:1963年9月10日

身長:170㎝

特技:日本舞踊

宣材写真はいつのもの、、、?と突っ込みたくはなりますが(笑)えくぼの可愛らしい方ですね!

そしてスタイルがいい!!

出身地が公式HPには東京と記載があるのですがそれ以外の情報は、全て大阪

現在は東京にお住いのようですが真相は謎です。

これまで声優だけではなく、女優さんとしても活躍しているようなのですが、多くのお仕事を占めるのは吹替のお仕事です。

代表作をみてみると、この作品も雨蘭さんだったのかと衝撃を受けました。

スポンサーリンク

雨蘭咲木子の代表作がすごい!!

雨蘭さんが事務所に所属し、活動し始めたのが1984年。

現在までの35年間の間に担当されたナレーションは火曜サプライズ同様有名なものばかりです。

代表作を一覧で見てみましょう。

『幽遊白書』

『ふたりはプリキュア』

『フレッシュプリキュア』

『ONEPIECE』

『NARUTO -ナルト-』

アニメだけでもかなりの代表作ばかり。

映画なんてもう数知れず。

『スーパーマン』

『ストレンジャー』

『スパイダーマン』

『ターミネーター』

『ティファニーで朝食を』

『キューティーブロンド』

もう全部書いてしまうと字数が大変なことになってしまうので割愛させてください(笑)

吹替版で見る方は必ずと言っていいほど、雨蘭の声にお世話になっているんじゃないでしょうか?

声色の幅がすごいですよね!

雨蘭咲木子の声は不快?理由は?

女性にしては低音気味な声をしている雨蘭さんですが、

世間的な評判はどうなのか気になり調べてみました。

スポンサーリンク

調べてみても悪評がでてこない。

40年近く声優さんをされているのにこれって素晴らしいですよね、、。

不評があるのでは?と思い調べてしまった自分に反省する結果となりました(笑)

雨蘭咲木子の年齢は?

プロフィールをもう一度見てみましょう。

生年月日:1963年9月10日

1963年ということは現在53歳ということになります。

!!!!

53歳の声じゃないですよね!笑

歌の先生から聞いたことがありますが、声のピークは「35~37歳」だそう。

なのでそれ以降の歌手の人はなかなかトレーニングとかも大変だと言っていたので、雨蘭さんもかなりのトレーニングをされているのかなあと感じました。

スポンサーリンク

還暦を迎えても現役で頑張ってほしいですね!!

雨蘭咲木子は本名?現在の顔は??

雨に蘭と書いてうらん。

さきこ自体も美しい漢字の成り立ちで、宝塚を彷彿とさせるくらいの美しいお名前ですが、本名なのか気になり調べてみました。

本名は『町田 咲子』というようです。

十分綺麗なお名前ですが、印象付けが大切な芸能の世界では確実に雨蘭咲木子が印象に残りますよね。

調べていくと、町田咲子はご結婚されてからの名前で旧姓は『清水』だそうです!

そしてなにより筆者は宣材写真の古さに驚いていたので、現在のお顔が気になる。(笑)

さっそくみてみましょう!

真ん中ですね!たしかに宣材写真に比べると、年齢は重ねた印象ですがお美しい!!

きっとファンの方が喜ぶ年の重ね方ですよね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今後も声優界を引っ張っていく存在の雨蘭さんに注目していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク