アナゴさん声優初代との交代理由は?死亡デマや奥さんのことまで!

Pocket

スポンサーリンク

ふぐたくーーんのセリフでおなじみのアナゴさん。先日はモノマネの仕方について紹介していきましたよね。本日はモノマネではなく、正真正銘のアナゴさんの声を担当している声優さんについてご紹介していきたいと思います!

アナゴさんの声を担当しているのは、『若本規夫』さん。死亡デマや結婚しているのか、詳しく調べていきたいと思います

スポンサーリンク

アナゴさん声優の若本規夫のプロフィールから経歴まで!

アナゴさんの声優を担当している若本規夫さんはシグマ・セブンに所属する声優兼ナレーターさんです。

引用:http://www.sigma7.co.jp/profile/m_40.html

生年月日 1945年10月18日

出身地 山口県下関市(生まれ育ったのは大阪)

血液型 A型

大学を卒業してから、警察学校に進んだ若本さん。警視庁機動隊に勤務しました。

2年間勤務しましたが、環境への違和感、馴染めなさを感じていたそうなのです。そこで、「なにか手に職を」と考えた若本さんは新聞でみたアテレコオーディションに思い切って応募。

無我夢中で挑み、奇跡の合格を果たしたのです。

若本さんの代表作ともなるアニメ『サザエさん』のナレーションは2000年頃からはじまっているので、もう20年にもなるんですね!!すごい!

驚いたのは、有名なアニメのナレーションだけでなく、『人志松本のすべらない話』や『有吉弘行のダレトク!?』のナレーションなども務めているとのこと。

キャッチーさと渋さを兼ね備えた、あの印象的な声は若本さんだったんですね~!

スポンサーリンク

最近ではナレーションもAIが行うという番組も多くなっている中、若本さんしかできないナレーションなのが感服です!

アナゴさん声優の初代はたてかべ和也!

サザエさんの放送が始まった時から、若本さんがアナゴさん役を務めていたのかなあと思っていましたが実際は若本さんは2代目でした。

初代を務められていたのは声優兼ナレーターであった、たてがべ和也さん。

80歳で亡くなられていますが、声優ナレーターとしての実力は業界でも有名なものですよね。アナゴさん以外にもドラえもんのジャイアンや、ど根性ガエルのゴリライモなど数々の有名作品が並びます。

アナゴさん声優の交代の理由は?

なぜたてかべ和也さんから若本さんに交代になったのかと気になり調べてみました。

しかし、真相はわからず

スポンサーリンク

筆者の予想ですが、

  • 声優界の高齢化が進んでおり、サザエさんだけにかかわらず他のアニメでも声優陣の一新が進んでいることが原因

だと思われます。最近ではマスオさんの声も変わりましたよね。

声優が変わると、はじめはとても違和感を感じるんですが、いつの間にか馴染んでしまうのが不思議です。今後サザエさんの声も変わることがあるのでしょうか?

アナゴさん声優死亡のデマが流れたって本当?

若松さんの名前を検索してみると「若松規夫 死亡」と言うワードが多数上がってきます。

「え?若松さんて亡くなられていたの?」と筆者は一瞬騙されてしまいそうになりました。

しかし、これは全くのデマ

その死亡デマが流れたのには2つの原因があったそうなのですが、1つは『2ちゃんねるの書き込み』によるもの、もう一つは『アナゴさん最後の晩さん』と言う回が流れたことによるものでした(笑)

2ちゃんねるの書き込みに関しては許しがたいものがありますが、アナゴさんの回に関しては少し笑ってしまいますね。

アナゴさんの奥さんの声優は誰?

引用:http://www.sazaesan.jp/charactors-9.html#content

アナゴさんの出演回に欠かせないのが、奥さんの存在です。いつも奥さんに頭が上がらないアナゴさん。その姿がなんとも憎めなくて愛らしいですね。奥さんも声優を務めているのは誰なのか調べてみました。

声優を担当しているのは、山本圭子さんという声優さんでした。

アナゴさんの奥さん以外にも、代表作がたくさんあり、天才バカボンのバカボンや、ちびまる子ちゃんの山田くんなどの声も務められています。

関西出身だという山本さんは、関西弁が得意だと言うこともあり、声優界で同じく有名なこおろじさとみさんに関西弁をレクチャーしたこともあったそう!声優界、なんだか思ったよりも華やかですよね!!

いかがだったでしょうか?

本日はアナゴさんの声を担当する若本規夫さんについて調べました。

もし3代目のアナゴさんが誕生するとすれば、あなたなら誰がいいでしょうか

?また、声優の交代などがあれば更新したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク