石原燃のペンネーム(芸名)由来理由は?結婚,夫や子供(娘)家族を学歴wikiプロフィール風に紹介!!

スポンサーリンク

石原燃さんという方をご存知でしょうか?私は知らなかったですが何とあの太宰治さんのお孫さんで、今度の芥川賞にノミネートされているそうです(゚д゚)!

ということで本日は石原燃のペンネーム(芸名)由来理由や結婚や夫、子供や家族、学歴について紹介します!

それではドウゾ(^^

石原燃のwiki風プロフィール 学歴や経歴・出身地等

石原燃プロフィールはコチラ

  • ペンネーム:石原燃(いしはらねん)
  • 本名:津島香以(つしま かい)
  • 出身地:東京都
  • 大学(学歴):武蔵野美術大学建築学科
  • 生年月日(年齢):1972年5月(48歳)

ということで石原燃さんのwiki風プロフィールはコチラ。あの太宰治さんの娘さんとはすごいですよね(゚Д゚;)

小学生・中学時代はその影響か演劇クラブに所属していたそうです。

そして高校に進学し演劇の道に進みたいということを伝えると親に「戯曲を読んだ事もないくせに」と言われてしまったため演劇の道は一旦あきらめることになります。

その後武蔵野美術大学建築学科を卒業しています。30過ぎるまでは建築関係のOLをしていて、時間ができるようになりようやく戯曲を読みようになりました。

「戯曲が書ける」という本を読んで再び演劇の道を目指すようになったそうです。

その後2007年より劇団劇作家に所属。経歴は以下のようになります。

  • 2010年「フォルモサ!」が劇団大阪創立40周年の戯曲賞にて大賞を受賞
  • 2012年5月 劇団劇作家を退団後、演劇ユニット燈座(あかりざ)立ち上げ
  • 2012年 『人の香り』が第18回劇作家協会新人戯曲賞・最終候補
  • 2012年『父を葬る』が第24回テアトロ新人戯曲賞・佳作
  • 第22回OMS戯曲賞 最終候補(沈黙)
  • 第23回OMS戯曲賞 最終候補(夢を見る ~読み語り版~)

めちゃくちゃ色んな賞を受賞してますね(^^;

まああの太宰治さんのお孫さんですから、元々の才能は素晴らしいものがあったのでしょう。
年齢もまだ48歳…小説家としては非常に若いのでこれからさらに賞を受賞しそうな感じがしますね。

石原燃の本名は?

石原燃の本名はプロフィールにものせた津島香以(つしまかい)が本名です。

ちなみにおじいさんにあたる太宰治の本名は津島修治(つしましゅうじ)ですので、当たり前ですが苗字が一緒ですね。

太宰治さんのペンネームの由来についてですが、下記のようになっています。

「特別に、由来だなんて、ないんですよ。小説を書くと、家の者に叱られるので、雑誌に発表
する時本名の津島修治では、いけないんで、友だちが考へてくれたんですが、万葉集をめくつ
て、初め、柿本人麻呂から、柿本修治はどうかといふんですが、柿本修治は、どうもね。
そのうち、太宰権帥大伴の何とかつて云ふ人が、酒の歌を詠つてゐたので、酒が好きだから、
これがいゝつていふわけで、太宰。修治は、どちらも、おさめるで、二つはいらないといふので
太宰治としたのです」

引用元:太宰治疎開の家から

ということで太宰治というペンネームにはそんなに深い理由はないみたいですね(^^;
酒飲みながら適当に見つけた名前みたいです(笑

石原燃のペンネーム(芸名)の由来理由は?

石原燃…めちゃくちゃすごいペンネームですが、この由来理由はなんなのでしょうか?

太宰治さんのように適当につけたように感じませんが…。

スポンサーリンク

調べてみましたが、全然情報がありませんでした。芥川賞候補となっているのでもしこれで芥川賞を受賞した際には明らかになるかもしれません。

その時にまた追記させて頂きますね(^^

石原燃の結婚相手・夫は?

石原燃の結婚相手…夫も気になるところです。

スポンサーリンク
フェイスブックに夫とのツーショット写真を載せていました。

石原 燃さんの投稿 2014年9月23日火曜日

これは旦那さんと旅行に行った時の写真のようです。幸せそうですいいですね(^^

石原燃の子供(娘)や家族は?

石原燃の子供家族についても気になるところです。こちらもフェイスブックに写真がありました。

石原 燃さんの投稿 2014年9月23日火曜日

娘さんがいるようですが、2人とも結構大きいですね(゚д゚)!

でもよくよく考えると48歳なのでこれぐらいの娘さんは普通にいるのが当然ですね…(^^;

まとめ

ということで石原燃さんをまとめると下記のようになります。

  • 石原燃の最終学歴は武蔵野美術大学建築学科
  • 本名は津島香以(つしまかい)
  • 石原燃のペンネーム(芸名)の由来理由確証出ず
  • 石原燃の家族は夫と娘が二人

こんな感じですね。ここまで来たら是非芥川賞を受賞してほしいですね(^^
発表が今から楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク