ゲンバビトのナレーション(ナレーター)が嫌い下手と酷評…女性声優小松由佳のプロフィール

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは。本日はTBS系列の番組『ゲンバビト』のナレーターが嫌い!と多数の声が上がっていたので調べてみました。

そもそもどんな番組なのか?というと、「現場で働く人」、ゲンバビトを応援する番組。

毎回、テーマに関連するゲンバビトの仕事に密着し、ゲンバビトの仕事ぶりを見るとともに、その仕事の裏側などを掘り下げる番組です。スタジオには、そのテーマに関連したゲストを招いて、その業界について聞いていくというもの。

MCはピエール瀧さんです。

番組の感想をみていると「ナレーターの声が受け付けられない」「嫌いすぎてみてられない」など酷評が多数。そんなに酷いのか、そもそもナレーターは誰なのか?皆さんも一緒に調べていきましょう!

スポンサーリンク

ゲンバビトのナレーション(ナレーター)の女性は誰?

番組は優しいもったりとした女性のナレーションからはじまります。

少し高いキーで吐息混じりの声質。誰の声なんだろう、、、?どこかで聞いたことある。と筆者は必死に考えました。『田畑智子』さんか?『貫地谷しほり』さんか?なんて考えを巡らせましたがどうしてもわからない、、、。悔しいですが答え合わせをしてみることに。

『ゲンバビト』の声の正体は声優の『小松由佳』さんでした。

小松由佳さんとは誰だ?と筆者はわからず調べてみることにしました。すると、名作揃いで、あれも!これも!!とすごい作品のナレーションをされていたので紹介していきたいと思います。

ゲンバビトのナレーション(ナレーター)は声優の小松由佳だった!

小松由佳さんを知ろうと、プロフィールから調べてみました。

誕生日 3月8日

出身地 東京都

出身校 日本大学芸術学部 青二塾東京校Ⅱ部1期

スポンサーリンク

趣味 旅、音楽、映画、ファッション

特技 映写(16mm、35mm)

引用:公式プロフィール

とっても美人な方ですよね。声優さんを抱えてる事務所のホームページを初めてみたのでびっくりしたのですが、写真は1枚のみの掲載なのに声のサンプルは10通りもあること。

スポンサーリンク

当たり前なのですが、やっぱり商品として売るべくところを推すようにホームページは活用されているのだなあとしみじみ感じました(笑)

そして過去演じられた作品が名作揃いですごいんです。

・プラダを着た悪魔 アン・ハサウェイ:アンドレア役

・ブラック・スワン ミラ・クニス:リリー役

・インサイド・ヘッド ムカムカ役

・アバター ゾーイ・サルダナ:ネイティリ役(ヒロイン)

洋画のみでもこれだけの大作が並びます。さらにアニメの世界では『ハイキュー!』や『フレッシュ!プリキュア』テレビ番組のナレーションでは『ZIP!』『みのもんたの朝ズバ!』などまだまだ輝かしい番組名が上がっていました。すごい人だったんですね!

もともと声優を志していたわけではなく、映画監督を目指していた由佳さん。しかし、生計を立てていくことはなかなか厳しく、それでも大好きな映画と関わりのある仕事がしたかったため、声優を志すことになりました。

そこで、に現在所属している事務所付属の声優養成所である青二塾東京校II部に入塾。しっかりと2年間学び、実力をつけ今に至ります。

思わぬ形で努力が実を結び、才能が開花したということですね!素晴らしい!

ゲンバビトのナレーション(ナレーター)は下手で嫌い!

ゲンバビトをエゴサーチしていると必ず出てくるのが『ゲンバビト ナレーター 嫌い』のワード。調べてみるとさまざまな酷評が並んでいました。

ナレーションがすごく苦手です。
私だけかな?と思っていましたが、
同じ思いの人っているもんですね。

私もナレーションがダメでした。なんかオシャレにしようとしてるのか、狙いすぎで気持ち悪くて生理的に受け付けずチャンネル変えました。

引用:yahoo口コミサイト

こういった声が上がっているにはもう一つの理由が。それは現在関西テレビで放送されている『セブンルール』のパクリではないかという点です。確かに、ある業界で活躍している人にスポットを当てて、ゲストがその職業、人に対して言及するという番組スタイルは類似していると思います。

そういったところから「ナレーションパクリ」と言われてしまい話題に上がっているのではないかと感じました。

小松さんのナレーションだけに問題があるというよりも番組構成に問題がありそうですね(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?ゲンバビトの酷評は抜きにして、これからも海外映画の艶のある声や、アニメには欠かせない声で楽しませて欲しいと筆者は願っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク