ショウ君(モヤさまナレーション)声優がつぶやきシロー似で嫌い?顔はイラストと似ているのか調査!!

Pocket

スポンサーリンク

2007年から続く大人気番組『モヤモヤさまぁ~ず2』。番組の顔は大竹さんと三村さんで構成されるさまぁ~ずのお二人ですが、番組に欠かせないのがナレーターです。

モヤさまのナレーションを担当するのが『ショウ君』と呼ばれる人物でした。

しかしこの人物、ある特徴があるようなのです。

秘密が隠されるショウ君について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ショウ君(モヤさま)ナレーションとは?

モヤさまのナレーションを務めるショウ君について調べてみると驚きの事実がでてきました。

ショウ君とは、音声合成ソフトの事である。

引用:https://dic.pixiv.net/a/ショウ君

、、、、!

人間じゃなかったの!!!と筆者はびっくりしてしまいました。

ただそれだけじゃよくわからないのでもっと調べてみましょう。

調べてみるとショウ君はHOYA株式会社が開発した「音声合成ソフトウェア VoiceText

」のことを指すようなのです。

人じゃないのに名前がついているし、どういうことかとってもややこしいと筆者は頭を抱えました(笑)

スポンサーリンク

この音声合成ソフトウェアで作成されたのはショウ君だけじゃなく、5言語全13話者の仲間をラインナップしてるとのこと。

要約してみると一つの声を作成し、その声を一人の人物として擬人化させているということなのでしょう。(言葉を知らない筆者の精一杯)

このショウ君単に名前をつけられているだけではなく、しっかりとプロフィールまであるんです。

年齢 40代

出身 熊本

職業 海外の大学で日本語の先生やってるみたいです。

苦労した事 日本語の音声合成エンジン開発がまだ試行錯誤でした。コマーシャル分野のナレーターの方だったので、感情が入って収録が大変だったみたいです。

なんともシュール(笑)

ただ、いろいろつじつまをあわせているところが個人的に好感を持ってしまいました(笑)

ショウ君はつぶやきシローに似ている??

言葉をつなぎながら話し、少し訛りのように聞こえるショウ君の話し方は世間ではつぶやきシローさんがナレーションをしていると思っていた人がいるくらい似ているようなのです。

実際につぶやきシローさんをモデルにしているのかな?と気になり調べてみましたが、番組プロデューサー曰く、

「モデルがいるわけではないです。演出意図が効いています。

基本のショウ君は理路整然と喋りますが、語尾を「何なんっスかね。」とか変化させたり、業界用語を喋って遊んでます。」

スポンサーリンク

とのことだったので、偶然が生んだ産物だと言えるでしょう(笑)

ショウ君は声優事務所に所属している!

このショウ君単にモヤさまのためのナレーターではなく、「ショウ君にナレーションをお願いしたい!」と希望すれば他の番組でも起用することができるようなのです。

その理由は事務所に所属しているからです。

この音声合成ソフトで作られた子達の事務所があるなんて本当にすごくないですか。

なんでもビジネスになる時代ですよね。

ショウ君以外の声を聞いてみましたが、小さい子の声は本当に人間のこどもの声に聞こえてびっくりしました。

ただ、ショウ君とタケル君個人的には一緒でしょ!と思ってしまったので皆さんにもぜひ聞いてほしいです(笑)

https://voicetext.jp/voiceactor/sp/

ショウ君のイラストの作者はアナウンサー!

紫の鼻でなんともいえないマヌケな表情のショウくん。

子どもが描いたのかとも思えるなんともキモかわいい見た目ですが、誰が描いたのか気になり調べてみると、モヤさま1代目アシスタントの大江麻理子(現松本麻理子)アナウンサーでした。

スポンサーリンク

美人な容姿にも関わらず、飾らない性格でモヤさまに欠かせない存在だった大江アナ。このショウ君をみると絵心はあまりないようでさらに好感を持ちました(笑)

ショウ君を嫌いな人は誰一人いない?!

どの番組でもナレーターやナレーションについて批評が上がってくる事はよくあること。

しかし、このショウ君については嫌いという言葉がなく、好きという声が多数上がっていました。

ソフトウェア独特の訛りや愛らしさがくせになるのかもしれませんね!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はモヤさまナレーションの『ショウ君』について調べていきました。

音声合成ソフトウェアという新たなジャンルは未来ではもっとポピュラーなものになっているのかもしれませんね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク