アルコール77の内容量や価格は?通販サイトで購入,消毒用コスパについても

スポンサーリンク

世間はコロナで大変なことになってますね。

そんな中でマスクとともに不足しているもの…消毒用アルコールですね。この度菊水酒造という酒の会社がとんでもないものを発売しました。

その名もアルコール77…一応普通にお酒として発売されようですが、明らかに消毒用という認識になりますね。

そんなアルコール77の内容量や価格、販売している通販サイトや消毒用としてコスパを調査しましたので、ご覧ください。

アルコール77(菊水酒造)とは?

引用元:valuepress

ということでアルコール77は菊水酒造が製造・販売している高濃度スピリッツです。

この商品には早速の注意書きとして下記のようなことが書かれています。

※当商品は消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、消毒や除菌を目的に製造されたものではありません。

…本当かよ!

どう見てもパッケージは消毒用のアルコールにしか見えないんですが(;’∀’)

明らかに晩酌のテーブルの上に乗っているというよりは病院などの医療機関に置いてそうなパッケージです。

しかもご丁寧に「消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが…」こんなん消毒用に使ってくれって言ってるようなもんじゃないですかね(^^;

アルコール77の内容量価格は?

アルコール77の値段は1,200円(税抜)です。

内容量に関しては記載がありませんでした。判明次第追記したいと思いますが、これは普通に酒飲みのためのコスパとしても良さそうですね。

77%あれば水、ソフトドリンクがとこのアルコール77の割合が

99:1

でも7.7%のアルコールドリンクが作れるので、コスパとしては最高ですね(^^

内容量が気になるところですが、お酒としてもコスパは最高だと思います。

ただ…このご時世でこれをお酒として使う人がどれだけいるかという話ですね。
販売元の菊水酒造・消費者も消毒用アルコール目的とは言ってもなくてもやはり目的としては…ですよね。

スポンサーリンク

今は消毒用のアルコールはどこにも売ってませんからね…もしコロナ対策で代用できるなら…という考えでしょう。

自分の命や家族の命には代えられませんからね。

アルコール77消毒用としてコスパは?

アルコール77の消毒用としてのコスパはどうでしょうか。最近消毒用のアルコールが高騰してて低下もわからず仕舞いですからね(^^;

アルコールについては下記画像と比較したいと思います。

スポンサーリンク

引用元:togetter

これはまだコロナがそこまで騒がれていなかった時の画像です。今では考えられないぐらいやすいですね。

こちらを見ると500mlで665円…ちょうどアルコール77の半額ぐらいでしょうか。

アルコール77の容量がまだ判明してませんが、現状2倍程度の値段で買えるならお買い得感がすごいですね。

今やアルコール消毒液は通販サイトを見ると、1万円を越えるものもありますから(^^;
それに比べれば全然安く感じますね。

このコロナの影響で飲食店などはお客さんが激減で失業者も多くなっています。そんな中でこういうアルコールやマスクのメーカーはとんでもない特需となってますね。

メーカーとしてこれを喜んでいいのか…ちょっと複雑なところでしょう。

アルコール77が買える通販サイトは楽天、アマゾン?発売日はいつ?

アルコール77については菊水酒造の製品が普通にネット販売されている以上はネット通販で購入可能と考えます。

ただ発売日が4月10日のためアマゾンや楽天などの大手サイトにはまだ商品が登録されてないですね。

ただ登録したら速攻で売り切れになると思いますので、SNSや通販サイトをちょくちょくチェックした方がいいかもしれません。

今や消毒用アルコールはコロナの影響で需要過多になっています。

菊水酒造もうまい商売考えるなーという印象です(^^;

私個人としてはお酒は飲む方が非常に好きなので、もしかしたら晩酌のコスパ目的で購入するかもしれませんね(笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク